脇 汗臭い

脇が汗臭い・・・その対処法とは?

 

汗臭い代表とも言うべき場所である脇が汗臭いという悩み

 

チェックするだけなら簡単ですが、治すとなると、物凄く難しい脇の汗臭い悩み・・・

 

全身に集中しているエクリン腺とは違い、脇にはアポクリン腺が集中していて、脇周辺は閉じていることも多くにおいが逃げにくい、擦れて汗が出やすい

 

などなど、環境として一番最悪、劣悪とも言える脇の汗。他のアポクリン腺が集中している部分が、密閉されることがない耳の裏、密閉されきってて出されることがない陰部・股間周辺(公共の場所で出されると困りますが(笑)

 

と、ある程度密閉されてて、外ににおいが漏れやすく、においが発生しやすい脇に比べると、どうとでもなりやすい場所ばかり

 

この微妙なバランスが、脇が汗臭い!という悩みを持つ人をより増やしてしまっているのかな、と思います

 

対処するとなると、かなり難しいです。根本的に治すことができないので、出かける前や時間が経ったらその都度対応に追われることになります

 

対処法は合う合わないもあるので、下の方法を試しながら、合ったものを選んでみてください

 

脇が汗臭い、対処するその前に

 

では方法を・・・と言いたいところですが、先に脇から何故汗臭いにおいがするのかを知っておいた方がいいと思います

 

理解することで、気の持ちようも変わってくるのと、余裕も生まれるかもしれませんからね

 

アポクリン腺から分泌させる汗は、脂肪やたんぱく質、糖質、鉄分、色素、尿素にアンモニアと多種多様

 

99%水分の汗であるエクリン腺と違い、細菌の餌になるものから混ざってにおうものまでさまざま

 

毛穴からしか出て来ないにおいのする汗は、脇から脇毛をつたって服に染み込んだり、脇腹に滴り落ちてお腹まわりからもにおいを出し始めます

 

ただ脇周りを拭くだけでは、雑菌まで落としきれず、においの元を断てないので、汗ではなくにおいの元を対処することが、その場での対処の正しい方法になります

 

脇が汗臭いときの脇パッド

 

標準的な装備として脇パッドがあります

 

女性用のほうがたくさん種類がありますが、男性用も少なくないので、男女関係なく使えるのでとりあえずの対策としては一番オススメ

 

汗の個人差にもよりますが、長時間使い続けると、においが漏れてくることもあったり、お手軽な分デメリットもあるので、気をつける必要があります

 

大まかな種類を分けると、パッドだけで付いているタイプと、インナーにパッドそのものが付いているタイプ

 

付けるタイプのものは基本的に使い捨てで、値段も安いので思い立ったらすぐに買いに行けばいいだけなので、お手軽さも兼ね備えているので、まずはこっちで相性のいいものがあるか色々試してみるといいと思います

 

シャツに関しては、値段によって変わるので評価は物によって変わりますが、ちょっといいものだと吸水パッド、消臭する布に、防水布を完備したものもあって

 

デザインもスタンダードで使いやすいので、悩みの深い人はこっちの方がいいかもしれないですね

 

それほど難しく考えなくてもいい、面倒が少ない、根本的に何かを変えないといけないわけじゃないので、最初にやりたい手段に

 

脇が汗臭いときのミョウバン水

 

脇の汗を抑える、防臭するための素材として有名なミョウバン

 

水に溶けると酸性になり、皮膚の表面が酸性になると雑菌が繁殖できないのでにおいを抑えることができるようになるという仕組み

 

ミョウバンそのものに汗を抑える効果があるのと、消臭効果を持ち合わせているなどいくつもの効果がある点が、ミョウバンが好んで使われる理由ですね

 

ミョウバン水は安く作れる、手軽にできるのもいいところで、バッグにスプレーとして持っておくとかなり役立ちます

 

100均でスプレーボトル、スーパーでミョウバンを買えば準備はOK。ペットボトルに水を入れてふたをして振れば完成

 

冷蔵庫で1週間ほどは保存しておけるので、スプレーに小分けして使うだけです

 

脇パッドと同様、とりあえず始められるので、何をすればいいか分からない・・・という方はまず100均へダッシュです。悩むのは一度やってみてからにしましょう!

 

注意点として、脇以外には決して使わないこと、合わない場合はすぐにやめることです

 

制汗する要素が強いからと、全身に使ってしまうと、本来は無臭のエクリン腺の汗も抑えられてしまい、汗臭い原因になることもでてくることもあります

 

脇が汗臭いときのデオトラントクリーム

 

一般的な対処法の1つである、デオトラントクリーム

 

ちなみにデオトラントとは、体臭や悪臭を防ぐことが意味で、そうした効果を持つ成分に対しても、デオトラントと呼ばれることもあります

 

クリームと聞くと女性の方が親しみ深いかもしれませんが、男性用のものも多くあるのはシャツと同じですね

 

ミョウバン水と同様に制汗すること、雑菌を繁殖させないことを中心に作られています

 

違いはというと、持続性の高さがあり、ミョウバン水は適度に脇に吹きつけないとダメですが

 

クリームは持続性が高いので、出かける前に塗っておくと、長時間持続するので外出先で脇を気にし続ける必要がなくなります

 

デメリットがあるとすれば、どれを使っていいのか最初は迷ってしまうことですかね

 

自分に合ったものさえ見つけてしまえば、心強いサポートになってくれるので、最初はシャツとミョウバンを試しつつ

 

デオトラントクリームを探してみると効率よく移行していけるかな、と思います

 

おすすめはこちらで紹介しているので、よければ参考にしてみてください^^

 

汗臭い状況でも、できるだけ汗は抑えない方がいい

 

たとえ脇が汗くさい状況だったとしても、汗そのものを抑えるような対処はしない方がいいと思っています

 

汗そのものを普段からかかないような生活をしてしまうと、本来は汗臭いにおいがしないエクリン腺からも、汗臭いにおいがでるかもしれないからです

 

アポクリン腺から出る汗は仕方ないとしても、エクリン腺から出る汗までにおってしまうと、全身汗臭いという悲惨なことになりかねません

 

汗臭いことには原因があり、本来は無臭であることを分かった上で

 

対処することができれば、いくら汗臭くなっても、自然と行動できるようになっていると思います