足 汗臭い

足が汗臭い・・・

 

足が臭いのはイコール足が汗臭いことと同じだと思ってくれて構いません

 

においの元になるアポクリン腺は、足には無いのでくさい場合は汗と雑菌が混ざったにおいか、元々人体が起こすにおいかどちらか

 

完全ににおいの元を特定することは難しいらしく、色々な方法を試して経過を見ながら合う方法を探すことがベストかなと思います

 

靴を履き、靴下を履き、地面と接することも多く、どこからでも菌をもらいやすく、角質が剥がれて菌が溜まり汗と混ざることもあり

 

とにかく雑菌が繁殖しやすくにおいが発生してしまう部分

 

対策をする場合は、対策する方法よりも普段の心構えの方が大事になることも・・・

 

足の汗臭さは割り切ることも対策

 

脇や頭皮、髪の汗臭い状況で一番のデメリットは周りにバレること。イヤな気持ちにしたり、させられたりすることもありますが

 

足が汗臭いことは、普段の生活で周りにバレるということはあんまりないかと思います

 

座席での飲み会、宴会などでは可能性はあるのでしょうが、事前に対策しておけるので、早々分かるわけでもないと思います

 

流石に会社内が土足厳禁だという場合は、割り切れないですし

 

においの強さによっても悩みの深さが全然違うので、全ての人が割り切れるわけでないのもないのも当たり前の話ですが・・・

 

家族や周囲に理解してもらえるなら、割りきってしまって普段通りの生活を送ることも1つの手ではあります

 

クレヨンしんちゃんのお父さんのひろしなんかがそうですね。むしろ武器にしたりしていましたが(笑

 

話を戻して、何故そんな話になるのかというと、根本的な解決方法がないので、対策するとなるとかなり大変だからです

 

有名な体臭治療のクリニックの院長先生が

 

「足のにおいについては決定的な治療法がない」

 

と言ってしまうほど。お金を払えば手術できるわきがと比べて、どっちの方がキツイかが分からないほど

 

最初に、人体によるにおいか汗によるにおいか、で種類を分けましたが

 

ここではあくまで汗に対してのにおいの対策を、お伝えしていきます

 

足が汗臭いときの対策、"原因になりそうなもの"を断つ

 

汗臭いときの原因になるのは、汗よりも雑菌

 

汗をたくさんかこうが、雑菌さえいなければにおいは出てきません

 

ただ、上でも言った通り足は何かと菌が寄ってきやすい部分

 

なのでできるかぎり菌を抑えることが、そのままにおいを抑えることになります

 

・角質は放置しない
・爪は短く、ささっと洗える程度の長さに
・日頃のメンテを忘れない

 

足が汗臭いときの対策と角質

 

角質とはターンオーバーしきれなかった皮が、乾燥し、肌にひっついたままカピカピの状態になること

 

かかとに良く出来やすいですね。はいここであなた自信のかかとをチェックです・・・ありましたか?

 

ハイヒールによるものや、運動の負担などで起きる摩擦や、乾燥したり老化していくと角質ができやすくなります

 

肌と完全に一体化できていないので、細菌にとってはおあつらえ向きな住処になっちゃいます

 

解消法は、できる限り削り取ることです。あくまでやり過ぎない程度に

 

特にお風呂の後はフニャフニャで削り取りやすいので、軽石みたいなそれなりにガシガシ削れるもので!

 

あまりにも頻繁に角質ができるようなら、靴を見直した方がいいかもしれません

 

後は簡単なクリームで保湿させて経過を見るといいと思います。小さいうちに削っておくのがコツ

 

痛い場合はすぐに中止、やりすぎは体に毒!

 

足が汗臭いときの対策と爪

 

足の爪は長くしていると、垢が溜まってにおいの元になったり、角質と同じように雑菌の住処として利用されてしまいます

 

できるだけ短くしておいて、体を洗う時にささっと洗えてしまう程度の長さまで切っておきましょう

 

足が汗臭いときの対策とメンテ

 

上2つを定期的に行うこと、足をあまり密閉した状態にせず、休憩中に裸足にして汗を乾かしてしまう

 

靴の手入れや同じ靴を履きすぎないことも大事です